旅遊臺
發表文章發起投票回覆
長野・湯川渓谷 きりりとそびえる氷壁や氷柱
http://mainichi.jp/articles/20170208/k00/00m/040/034000c


滝が凍り付いてできた氷壁を登るアイスクライミングの男性ら=長野県南牧村の湯川渓谷で2017年2月7日、武田博仁撮影

 八ケ岳連峰の東側の山裾にある長野県南牧村の湯川渓谷に、高さ十数メートルの氷壁や氷柱が出現した。川沿いの滝や崖から流れ出る水流が厳しい冷え込みで凍り付いたもので、アイスクライミングや写真撮影をする人が訪れている。

 氷壁などができるのは、下流で千曲川に注ぐ湯川が牛首川と分岐する標高1300メートル付近。渓谷の両岸にカーテンのように連なり、日が差すと氷が青白く輝く。渓谷に通じる林道沿いにも小規模な氷柱が見られる。

 首都圏などから訪れたクライマーたちは、ロープで確保する仲間に「行くぞ」と声を掛け、氷壁に突き刺す専用の道具を使って垂直の壁に取り付いていた。この渓谷はトレーニングには良い場所という。【武田博仁】

Good 2Bad 0
08/02/17 11:07 AM
引用快速引用

本貼文共有 0 個回覆
發表回覆
請先登入以發表回覆